Botのひとりごと - MY BOT SAID...
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Author:Fiberbot [fb]
コメント歓迎します。
原則、非公開です。

RSSフィード変更しました!

 RSSリーダーで購読する


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ご近所のお話プレイバック2015
もう7~8年くらい前のことだったか、とある近所の奥さん曰く、
「パソコンはもちろん無線ですよ!無線のパスワードもかかってるからセキュリティは大丈夫なんです。
ウイルス感染もしないんだから~」。

なんか少しちがうんじゃないかなあと思いましたが、突っ込むのはやめにしておきました。
なにせ、相手は公務員、それも学校の先生です。プライドが高いんだから~。
公務員の方で、この方は素晴らしい人物だなあと感じられる方も少なくないのですが。

ここ数日は年金機構の問題が表面化し、個人的には、住基ネットの情報がWinnyのネットワークに流れた2006年の事件の再来だと感じています。一人のパソコンが、複数の端末、そして数十台の端末・・・と新聞やテレビのニュースの見出しがどんどんと変わっていくなか、NHKでの最初の会見で125万件という数字を聞いて、うそでしょ!と思わず叫んでしましました。8日にわかって、28日頃まで公表できなかったんですから。不用意にメールの添付ファイルを開くなんて信じられない。マイナンバーを考える前に、一度すべての関係者を入れ替えないとだめでしょうね。設備やシステムが最新でも、それを扱う人のレベルが低ければ、やはり意味がない。悲しいかな。
スポンサーサイト
年金問題 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/06/04(木) 23:59)

 我が家の年金問題 2 (被保険者記録照会 篇)

前回は、社保庁の「年金個人情報提供サービス」にネットから申し込んだのに、「*」以外の項目に相違があるのでID・パスワードを発行できないという審査結果が郵送されてきたところまでを書きました。

"次にどうすればいいのか?"

結果といえば2つあるわけですが、少しわかりにくいのでポイントをまとめると以下のようになります。実際には家内の分で、いわゆる「第3号被保険者」の場合です。

1) 社保庁の記録のうち、郵便番号と住所を現在の正しい住所に変更してもらうため、「国民年金第3号被保険者住所変更届」を記入して、私の勤務先から社会保険事務所に提出してもらうようにお願いしました。相談にのってもらった近所の社会保険事務所によると、社保庁のデータが変更されるまで、おそらく1~2か月くらいかかるだろうとのこと。正しい住所に変更されれば、改めて「年金個人情報提供サービス」に申し込んでIDとパスワードを発行してもらえるわけです。注意すべき点は、住所変更といった基本的な項目の変更は、社会保険事務所に直接出向いてもやってもらえないということです。結婚して姓がかわった人は要注意!?

2) ID・パスワードが発行できなければ年金記録が確認できないのかといえばそうではありません。「被保険者記録照会」という社会保険事務所のサービスがあります。名前や住所といった年金記録の変更はめんどうですが、記録を確認することができる場合があります。我が家の場合は、回答票を郵送してもらいました。自分の分と配偶者の分の両方です。申し込みは電話で大丈夫でした。この回答票はすぐに送られてきたのですが、やはり"消えた年金記録"が存在することがわかりました。それも配偶者が結婚する前に勤めていた厚生年金の分(約8年間)がそっくり消えていたのです。ずいぶん前のことなのでそのときの厚生年金手帳がどこにあるのかまったく記憶にありませんでした。一部上場の会社だから大丈夫などと考えるのは早計だと思います。

このつづきは次回、「消えた厚生年金の記録復活 篇」で・・・。

 

DIYで手作りガーデン!


テーマ:おすすめ - ジャンル:ブログ

年金問題 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/01/30(水) 15:51)

 我が家の年金問題 1 ( ID・パスワード篇)

年金問題をどう考えるのかは、人によって様々です。「ねんきん特別便」を待つのもいいのですが、記録が消えていないかだけでも知りたいと思うのではないでしょうか?

我が家の場合は、社保庁の「年金個人情報提供サービス」にネットから申し込んでみました。これは、自分の年金記録がどうなっているのかをネットで確かめられるサービスで、利用できればこんなに便利なものはありませんね。

「ID・パスワード発行申込み」は入力した内容のメモを残しておけばいいです。 「お客様設定パスワード」は、サービスを利用するときに必要になるので忘れないように!

さて、申し込み後、2週間ほどで審査結果が郵便で届くのですが、ここで問題が発生しました。
家内の分ですが、申し込み時に入力した基礎年金番号、氏名、性別、生年月日はすべて正しいのに (審査結果で*印が付いている)、「*」以外の項目、つまり、郵便番号と住所に相違がある のでID・パスワードを発行できないとのこと。

このままでは年金個人情報提供サービスを利用できません。"消えた年金"があるのかどうかもわからずじまいです。審査結果には自分で入力した正しい郵便番号と住所が印字されています。最寄りの社会保険事務所に問い合わせたところ、自分で入力した郵便番号・住所と社保庁のデータに「相違がある」ことがわかりました。社保庁のデータは、引越す前の住所で、名前も旧姓のままとのことです。オレンジ色の年金手帳には、住所変更の日付や正しい住所が記録されています。この情報提供サービスの申し込みで問題があったのは家内の分だけですが、あきらめるのはまだ早いようです。

つづく・・・。"被保険者記録照会"とは!?

 

DIYで手作りガーデン!


テーマ:おすすめ - ジャンル:ブログ

年金問題 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/01/29(火) 17:02)

copyright © 2008 Botのひとりごと - MY BOT SAID... all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。